ホーム

>

ブログ

>

塾長ブログ

>

令和2年度定期テストの勉強法②/学校のワークの効率の良い勉強について

令和2年度定期テストの勉強法②/学校のワークの効率の良い勉強について

2020.05.26

塾長ブログ

今回は、テスト勉強でも最も大切な学校のワークの勉強法についてご紹介します。学校のテストは学校のワークをきちんと勉強することで、平均点以上は確実に点数をとれます。

理由は、多くの学校のテストは、学校のワークの類似問題が多いからです。

学校のワークは3回解く!

まずは学校のワークを何回解くか?です.

ずばり必ず3回やりましょう。

全部の問題を3回ではありません。

詳しくは前回の記事、令和2年度定期テストの勉強法①をご覧ください。


では、学校のワークの勉強法についてポイントを3つお伝えします。

ポイント1.ワークは1ページづつやる

 1ページ解いて、必ず丸付け、見直し、

学校のワークは1ページ解いたら、必ず丸付けをして、見直し。

見直しをしてわからない問題は印をつける。

そして、次のページを解く。

この流れをお勧めします。

ワークは1ページごと丸付け!

これがポイントです。

ちゃんと理由があります。多くの子供たちは、まとめて5ページ、10ページ解きます。そしてまとめて丸つけをします。なんか効率が良いように感じると思いますが、実は丸付けをしないと、理解できているのか?確認できていないことになります。

もっと最悪なのは、解いた別の日に丸付けをする子供もいます。問題を解いてから時間が空いているとどんな問題だったのか?忘れてしまうこともあり効率が悪いです。そして本当の勉強になっていないんです。

では本当の勉強とは?

丸付けをした方の見直しをきちんとできているか?ここがポイントです。

5ページも10ページもいっきに解いた場合は、丸付けと見直しがたくさんになります。そうすると、見直しが面倒になったり、やらないケースも出てきます。また、どんな問題だったか忘れてしまうこともあります。

というこで、必ず1ページ解いて、丸付け、見直し、わからない問題に印の流れです。学校によってはワークの解答がまだ渡っていない場合は、仕方がないですが、解くだけになります。

また解答を回収する先生もいますので、解答がわたった時点でコピーを取ることもお勧めです。

ポイント2.見直しでわからない問題は積極的に質問する!

解説を見て、わからない問題には印をつける。

この理由はわかりますか?印をつけたら、わかるようになるそんな魔法はありません。

一人で理解できない場合は、周りに質問してください。そのための印です。わからない問題は、兄弟、家族、友達、学校の先生、塾、などさまざまです。ぜひ自分が気軽に聞ける、自分の先生をこの機会に探してみてください。

 ポイント3.ワークのとき直しはアナログ方式ワークは3回解きます。

特に2回目、3回目のと解き直しが成績アップにはとても重要です。

そのとき直しの時のポイントです。

一度ワークに解いているので、そこを隠してテストすることになります。

やり方は2種類です。

 地道に答えを隠す。

例えば消しゴムや左手の指を5本使って消します。かなりアナログですが、これが一番早くて、継続しているようです。

ワークによっては、右側に回答欄が設けてあるのは、そこだけノートや下敷きで隠すことができるので簡単ですよね。 

女子は付箋を小さく切り取って、解答を隠している例もあります。

マーカーチェックを使う。

緑色のマーカーと赤シートを利用します。隠したい箇所を緑色の専用マーカーで塗ることで、赤シートを上にのせると、黒く塗りつぶされて見れなくなりますよね。

このやり方です。但し、結構、緑色が濃いので、ワークが汚くなるイメージです。 以上です皆さんのお勧めのワークのとき直し方法があったら教えてください。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ