ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

【受験生の心構え①】即否定・言い訳する前に一度考える時間を取ってみませんか

【受験生の心構え①】即否定・言い訳する前に一度考える時間を取ってみませんか

2021.03.13

根城校

今回は中学校2年生、高校2年生の皆さんに向けての内容です。
来月4月からは受験学年になりますね。受験学年を迎える前の心構えの一つをお伝えしていきます。

否定・言い訳をする前に

誰かに言われたことをじっくり考えもせずに否定する、そしてまた何かと言い訳を付けて行動しない。これらのことが自分に当てはまるな、と思う人はいませんか?

否定や言い訳が出てしまう例

ちょっとある会話を除いてみましょう。

先生: 今回のテスト点数悪かったんだね。勉強時間増やしてみようか?

生徒: でも、時間が取れないんです。

先生: どっか削れそうな時間ってないかな?

生徒: ちょっとないですね。

先生: スマホを使う時間は1日どれくらい?

生徒: 3時間くらいです。

先生: じゃあ、それを1時間に減らしてみようか?

生徒: 無理ですかね。友達との関係も大事ですし、ストレス発散にもなりますし。

先生: ・・・・・

いかがでしょうか。
こんな不毛な会話に思い当たる節がある人はいないでしょうか?
かなり極端な例ですが、実際にあり得ます。

もちろんお互い向き合って話すときにはもっと踏み込んでいろいろ話すでしょう。ですが、このような内容の文面だけを見ると、厳しい言い方かもしれませんが、この生徒の受験は難しいだろうな、と判断されてしまうこともあるかもしれません。

「でも」という言葉を発する前に

まずは、「でも」という言葉を使う前に、また否定する言葉を発する前に、少し考える時間を取ってみませんか?
アドバイスをくれる人は大抵の場合が自分より年上の先生や保護者の方だと思います。そしてその方々は経験値が皆さんよりは高く、様々な状況を見てきており、その中から判断してアドバイスを送られていると思います。

そのため、経験値ではどうやっても劣ってしまう中高生のみなさんにとっては耳を傾けるべき内容が含まれることが多いはずです。時には煩わしく感じることもあるかもしれませんが、有益なアドバイスを逃してはもったいないと思いませんか?
そのためにも、その場で否定にかかるのではなく、一度ゆっくり考えてみてから自分に合うかどうかを判断してほしいのです。

すべてを受け入れる、という訳ではありません

とはいえ、決してすべてのアドバイスを受け入れてください、という訳ではありません。人によってアドバイスの内容は様々だと思いますし、状況によっては前に言われたことと真逆の内容を伝えられることもあるかもしれません。ですが、それらはすべてにおいて正しい可能性があります。ある事柄に対する方法論は一つではなく複数存在するためです。
自分に合う、合わないはあるかもしれませんが、よっぽどあり得ない内容でない限りは、完全否定できるものではないと考えましょう。そして、自分に合うものをより積極的に選んでいけばよいのです。

行動に移さないといつまでもそのままに

アドバイス・助言を受けたら、次にすることは行動に移すことです。

行動を変えるのは意外と難しい?

長い間で習慣化している行動は中々変えにくくなってしまっていることがあります。なんとなくで無意識にしてしまっていることもあるのではないでしょうか。行動を変える時には最初のころはしっかりと意識する必要があります。

特に、自分があまり好きでないと思っている分野、勉強に向かう際にはある程度の決意を持ちましょう。
そのためには目標を定めることも有効なのですが、その内容については次回に回します。

行動を起こすのは切りの良いの良い時間でなくても

21:00から勉強を始めよう、などと、切りのいい時間がスタートには好まれます。
ですが、ここは一度考え直してみてもよいのではないでしょうか。21:00まであと〇〇分あるからその間は休もう、というその〇〇分で出来ることはいくつもあります。
勉強時間を計りたいから、というのが理由であれば何も切りのいい時間からでなくても可能ですし、ストップウォッチを使うことも可能です。

切りのいい時間になったら始める、も厳しい見方をすると言い訳の一つになってしまうんですね。始めようと思ったときに即取り掛かる癖を付けましょう。

明日からやる、の明日はなかなか来ない

切りのいい時間、を少し長い目で見ると明日から、来週からなどとなりますが、この明日、来週はなかなかやってきません。その日が来るとまた期日を伸ばし、数週間から長くなると数ヶ月を無駄にしてしまう危険性さえあります。
少しずつで構わないので、まずは始めてみましょう。
取り組む長さは徐々に伸ばしていけばいいのです。

おわりに

今回のテーマは「即否定・言い訳をやめて行動に移すことの大切さ」でした。
人は誰しも意思の弱い部分を持っています。これは多くの人にとっての悩みの種となってしまっていることでしょう。
ですが、中高生の皆さんは【受験】という現実がやってきます。締め切り日が決まっているのにいつまでも先延ばしにすることに利点などないに等しいのではないでしょうか。
気持ちと行動を変えるのは確かに大変です。それでも逃げずに早くから挑戦してみませんか。


個別指導進学塾の勉強ナビ八戸根城校では、根城小、江南小、白山台小、西白山台小、根城中、白山台中、八戸第二中など多くの学校から通塾いただいています。皆さんの住まわれている地域は、根城、白山台、長者、売市、南売市が多いです。その他、三戸郡南部町、三戸町、五戸町、五戸町川内地区、田子町からの塾生も遠くから通塾しています。
各学年定員制をとっているので一人ひとりをしっかり指導し、長く通塾できる安心価格の個別指導塾です。成績上位者から勉強の苦手なお子様まで色々な方が通塾しています。勉強のやり方から指導するので勉強が楽しくなり効率よく成績アップを実現できます。また、得意教科はさらに伸ばし、苦手な教科は重点的に克服を図ります。随時塾の個別説明会、無料体験学習を行っています。まずはお気軽に電話かメールにてお問い合わせください。

↓↓春の特典あります 詳細はこちらからどうぞ↓↓

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ