ホーム

>

ブログ

>

塾長ブログ

>

令和3年度の高校入試は難しいか?県より発表が出た

令和3年度の高校入試は難しいか?県より発表が出た

2020.07.17

塾長ブログ

こんにちは、塾長の中嶋です。青森県教育委員会より本日発表がありました。

「令和3年度青森県立高等学校入学者選抜の実施及び配慮事項等について」です。内容は4項目でした。下記に一部抜粋してご紹介します。

詳細はこちらのURLからご確認ください。 http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/senbatsu2021.html

特に気になる点は項目4の入学者選抜における学力検査の出題範囲について です。一番下のありますのでご確認ください。

1 入学者選抜の実施方法等について

実施方法には、

学力検査と面接、各校が必要に応じて定めた実技検査や 作文等を実施する。

また新たに実施する追検査については、

病気、事故等やむを得ない事由によって学力検査等を受けることができなかった者を対象とし、新型コロナウイルス感染症からの快復者等も対象とするが、快復が見込まれない場合は書類による選抜とする。

2 安全面への配慮について

入学者選抜時の新型コロナウイルス感染症の対応については、

今後の国、県の対応方針や医学的な知見、県内の感染状況等を確認しながら必要な対応について 継続して検討し、公表するとの事です。

3 入学者選抜における評価及び調査書の活用について

(1)中学校は、調査書の「特別活動等の記録」の部活動に関する記載について、
第1~3学年の活動状況及び大会成績について記載する。なお、第3学年にお
いて大会等が実施されなかった場合は、その旨を明記する。

(2)高等学校は、特色化選抜における部活動については、調査書に記載された大
会成績を点数化することをせず、記載内容を総合的に判断し、評価する。ただ
し、総合的な評価において、段階的評価や点数化して評価する場合は、評価の
観点を明確にし、選抜資料とする。

(3)高等学校は、大会等が実施されなかったことで受検生に有利、不利が生じな いよう適正に選抜する。

4 入学者選抜における学力検査の出題範囲について

各教科の学力検査問題は、中学校学習指導要領(平成20年文部科学省告示第
28号)に示された内容(ただし、社会については、移行措置(平成29年文部 科学省告示第94号)を踏まえた内容)とし、出題範囲の限定は行わない。

ただ し、中学校において臨時休業が実施されたことを踏まえ、受検生に有利、不利が 生じないよう、基礎的・基本的なものを中心として出題する。

令和3年度の高校入試は令和2年度と同様な平均と予想する。

よって比較的優しい問題が出題されると塾長は考えます。来週の土曜日から夏期講習がスタートします。初回はキックオフ授業となるので、全中学3年生を集めた授業なので、今日の発表の内容をきちんと伝えたいとも居ます。

夏の入会特典は7月20日までです

詳細はこちらからご確認ください。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ