ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

ゴールデンウィークはまとまった勉強をするチャンス

ゴールデンウィークはまとまった勉強をするチャンス

2021.04.28

青葉校

明日からゴールデンウィークです。
勉強ナビは 4月29日(木)から5月5日(水)までの1週間、休講とさせていただきます。
4月30日(金)は通常どおり学校があるので、「塾だけ休みはずるい」と冗談交じりに不満をもらす塾生もいます。
しかし、休みが明ければ、一次考査対策で嫌でも毎日のように塾に来てもらうことになるので、その調整ということで。

高校生はまとまった勉強をするチャンス

大型連休は、まとまった勉強をするチャンスです。
忙しい平日にはなかなかできない「大きめの課題」をクリアしたいところです。

高校生なら、模擬試験の解きなおしや、時間を計って共通テストを解くことなどが考えられます。
あるいは、例えば「数学の2次関数を極める」など、気になっていた苦手分野の総復習に充てるのもよいでしょう。
いま習っている単元にとらわれずに、実践力の底上げを図るようなテーマを決めて勉強したいところです。

「大学入試は高校入試のようにはいかない」ということを改めて肝に銘じてほしいと思います。
習っているところの教科書レベルの問題はその都度習得して当たり前。
そこからのプラスアルファを低学年のうちから積み重ねていく必要があります。

普段は授業の予習・復習や部活などで時間がとれないと思います。
この連休で、やり残していることをクリアしておきましょう。

中学生は習った範囲の復習を

中学生は、まずは4月に学校で習った範囲を5教科しっかり復習したいところです。
ここで頑張っておくと、一次考査に向けて大きくリードすることができます。

例年であれば、一次考査は出題範囲も狭く、問題も簡単なものが中心になります。
しかし、今年は教科書大改訂の影響で4月から学習内容が多く、対策をした人としなかった人とで大きな差が生じそうです。

特に英語は、文法も単語も大変なことになっています。
例えば中3の ’Lesson 1’ ではいきなり「現在完了進行形」が出てきますが、いまの中3生は、中2で「現在完了形」も習っていません。
したがって、まず新しい教科書に載っていない「現在完了形」を勉強したうえで、「現在完了進行形」をマスターしなければなりません。
この「現在完了形」は、昨年度までの教科書だと、中3の ’Lesson 2’ と ’Lesson 3’ に分けて、結構な時間をかけていたところで、塾生を見ていても十分に習得できているか、正直なところ不安です。
また、覚えるべき単語数も従来の1200語程度から約1.5倍の1800語程度に増えており、以前の教科書にはなかった会話表現もどんどん出てきています。

中1・中2も同じような状況です。
まずは教科書本文をきちんと読めて意味がわかるか、一文ずつ確認してほしいと思います。

数学は、どの学年も4月は計算のしかたが中心になっていて、教科書大改訂の影響は英語ほどではありません。
中3は展開と因数分解、中2は文字式の計算、中1は正負の数の計算です。
速く正確に計算できなければなりません。
毎年、一次考査では計算ミスで点数を大きく落とす人が出てきます。
そうならないよう、少しずつでよいので、毎日問題を解くことが大事です。

この連休は、まずは英語・数学を固めてほしいと思います。
そのうえで、国語・理科・社会で特に気になる教科があれば、一次考査の範囲になるところを復習しておくとよいでしょう。

今年度最初のテストに向けて

ゴールデンウィークが終わると、中学も高校も一次考査(一学期中間考査)がやってきます。
ここで良い点数をとって良い流れをつくるためにも、この連休でしっかり土台づくりをしておきたいところです。

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ