ホーム

>

ブログ

>

受験勉強

>

【受験生の心構え②】志望校を意識することの大切さ /八戸市の根城にある塾が紹介

【受験生の心構え②】志望校を意識することの大切さ /八戸市の根城にある塾が紹介

2021.03.16

受験勉強

前回に続けて気持ちの問題についての内容を続けましょう。
今回は志望校の意識についてです。年度開始の4月の時点で志望校なんて決められないよ、という声も聞こえてきそうですが、そのあたりのことにも触れていきましょう。

志望校を意識してほしい理由

志望校を意識することでどんな利点があるかを考えてみましょう。

目標を立てることですべきことを明確に

目標を立てると、それに向かって何をする必要があるのかが見えてきます。
高校受験であれば、5教科で〇〇〇点くらいは取る必要がある。
大学受験であれば、共通テストの必要得点率を判断したり、一般入試・二次試験での利用科目の確定も出来ます。

つまり、「すべきことがより明確に」なります。
そして向かうべき箇所がわかることで「モチベーションアップ」にもつながります。
何を目指して勉強すればいいかがわかるとわからないでは、実際に勉強に臨んだ時の密度が違います。

目標は途中で変わることがあってもいい

早い時期で立てた志望校が変わることはあり得ます。
一度立てた目標を変えるのは決して良くないことではありません。ただし、落ち着きなくころころと変えてしまうのは考え物です。まずは一度決めた目標に向かって進んでみる、そしてある程度の期間を経てその時の状態を分析して熟考し変更を考える、という形を取りましょう。

目標は最初から低くしすぎない方が

志望校を途中で変えることがあってもよい、ということをお伝えしましが、その点も含めて、最初からあまりにも低い目標を設定するのはやめましょう。
低すぎる目標は逆効果、つまり「これぐらいだったら何とかなるでしょ」という意識を生み、成績が伸びるどころか落ちる傾向になってしまうことにつながり兼ねません。

ちょうどいい目標を立てるというのは難しい判断かもしれませんが、最初から一つに絞れない時には、確実に合格を狙いたい1校、挑戦してみたい1校を持っておくのもいいでしょう。

大学受験における志望校

ここで、大学入試に絞っての志望校戦略をお伝えしましょう。

大学受験では併願も意識して

高校受験では、例えば青森県では県立1校・私立1校を受験することが普通です(高専を考えている時には+国立1)。都道府県によっては私立校を複数校受けられる場合もありますが、すべての地域で可能という訳ではありません。

一方で大学受験ですが、こちらは一転複数校の併願が基本となるのではないでしょうか。少ない受験生は2~3大学という場合もあるかもしれません。ですが、10大学程度受ける受験生もおり、さらには全国の大学の受験が可能ということで、選択肢が大きく広がります。
そして、併願が考えられるからこそ、志望大学・志望学科の意識を高めてほしいのです。

科目戦略を立てやすくなる

志望大学・学部がある程度固まると、受験に使用する科目が固まります。
例えば私大。受験の方法が多様になり、細かいところまで見るとすべてを覚えきれないほどの種類がありますが、例えば文系3科目受験をすると決めたら、極端な話その3科目だけを勉強すればよいということになります。
MARCHや日東駒専、関関同立で見ても同じ科目で受験できるところを複数見つけることが出来ますので、早い段階で戦略建てが可能になります。

大学受験では決めるのが遅くなるほどマイナスになることも

大学受験の出願は秋以降になります。共通テストが9月末辺りから、私大がその後に続き、国公立大では1月の共通テスト実施後の出願です。
そのため、受験校決定はそれほど急がなくてもいい、と思うかもしれません。
例えば、国公立大学の選択肢をいくつか考えておき、共通テストの結果を見てから絞る、というのは全く問題ありません。毎年のように見られる光景でしょう。

ですが、国公立大学を受けるのかどうか、また私大のみだとしたら何科目で勝負することにするのか、私大でも共通テストは必要なのか、など、全体の大まかな戦略に関することは早い内に決めてしまった方が取り組みやすくなります。

大学受験は試験範囲が広範囲に渡ります。そのため、少しでも効率よく必要な知識を身に着ける方法を取る必要が出てきます。

もしも使わない科目に力を入れすぎて多くの時間を使ってしまい、他の科目に影響を与えてしまうようでは後悔につながってしまうかもしれません。
そうならないようにも、志望を定め科目戦略を練りましょう。

おわりに

志望校への意識の重要性をお伝えしました。
① すべきことを明確に
② 科目戦略を立てる
③ モチベーションUP
この3つが大きな目的です。

気持ちの問題は、勉強の意欲に大きく影響します。
まずは狙いをしっかりと定め、そこに向けて動き出しましょう。


個別指導進学塾の勉強ナビ八戸根城校では、根城小、江南小、白山台小、西白山台小、根城中、白山台中、八戸第二中など多くの学校から通塾いただいています。皆さんの住まわれている地域は、根城、白山台、長者、売市、南売市が多いです。その他、三戸郡南部町、三戸町、五戸町、五戸町川内地区、田子町からの塾生も遠くから通塾しています。
各学年定員制をとっているので一人ひとりをしっかり指導し、長く通塾できる安心価格の個別指導塾です。成績上位者から勉強の苦手なお子様まで色々な方が通塾しています。勉強のやり方から指導するので勉強が楽しくなり効率よく成績アップを実現できます。また、得意教科はさらに伸ばし、苦手な教科は重点的に克服を図ります。随時塾の個別説明会、無料体験学習を行っています。まずはお気軽に電話かメールにてお問い合わせください。

↓↓春の入会特典あります 詳細はこちらからどうぞ↓↓

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ