ホーム

>

ブログ

>

ラジオ番組放送内容

>

小学生|プログラミング学習による効果

小学生|プログラミング学習による効果

2021.09.22

ラジオ番組放送内容

2021年9月22日第383回の放送内容です。BeFMラジオを聞き逃したかたはぜひユーチューブでご覧ください。 https://www.youtube.com/channel/UCHGU-R6P1lljtZWtvZcfi1A?view_as=subscriber

テーマ

今回のテーマは新しいテーマとなります。小学生の習い事で今人気がある、プログラミングについて紹介したいと思います。テーマは「プログラミング学習による効果」について紹介したいと思います。ぜひ小学生の保護者の方には聞いていただきたい内容です。

内容

プログラミング教室は、未来のプログラマーやシステムエンジニアを育成するための学習ではありません。

「将来プログラマーにならないのに、なぜプログラミング教育が必要なの?」

と疑問に思われるかもしれませんが、プログラミング教育によって得られる効果は、将来プログラマーになる人だけに限られたものではなく、それ以外の方々にも、とても有益なものなのです。

2016年に実施された文部科学省「小学校段階におけるプログラミング教育に関する有識者会議」では、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的ではなく、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」を育むことがプログラミング教育であるといった話し合いも行われました。

「子どもたちが将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力」であるとして、2020年から全ての小学校でプログラミング教育を必修化とする方針が、日本でも決定されました。

2024年には大学入学共通テストへの導入を前提にした学習指導要領の変更が行われ、プログラミング学習の必要性は増しています。

また、アップルのスティーブ・ジョブズは、生前のインタビューで「全ての人はプログラミングを学ぶべきだ」「プログラミングを学ぶことにより、考え方を学ぶことが出来る」と言っています。

プログラミング的思考は、

「論理的な思考能力」

「想像力(創造力)」

「問題解決能力」

「自分の考えを伝える力(表現力)」

「IT機器やソフトウェアを使いこなす能力」

を意味します。

このプログラミング的思考を学習するために、八戸市内でも多くのプログラミング教室があります。実は勉強ナビでもプログラミングを学ぶことができます。

私たちは「キュレオ」という教材を使用しています。あまり聞きなれないと思いますのでぜひ「キュレオ プログラミング」で検索してもらえると詳細が確認できます。

ちょっと簡単に説明すると、ゲームを作りながらプログラミングの基礎を学ぶことができます。お子様が楽しく継続して学べるように、1つのレッスンで1つのゲームを作ります。学習を進めると難易度の高いゲームを作ることができるので、楽しみながらプログラミングの概念を習得できる設計になっています。

またプログラミングの効果として、プログラミングを理解すると学力も向上すると言われています。プログラミングにはシーケンスという考え方が必要不可欠となります。シーケンスとは、簡単に言うと適切な順番で適切な処理をすることで、プログラミングが複雑になるほどシーケンスが重要になってきます。

このシーケンスは論理的思考と密接な関係があります。プログラミングによってシーケンス力を育むことにより、論理的思考が身に付き、勉強などの学力も向上すると言われています。特に算数で効果が高いと言われていますが、先ほど紹介があったように適切な順番で適切な処理をすることを学ぶので、勉強面全体での効果が期待されています。

以上です

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ