ホーム

>

ブログ

>

ラジオ番組

>

やってはいけない間違った勉強の仕方ワースト10(何回も何回も書き取りしてはいけない

やってはいけない間違った勉強の仕方ワースト10(何回も何回も書き取りしてはいけない

2020.09.02

ラジオ番組

2020年8月26日第329回の放送内容です。BeFMラジオを聞き逃したかたはぜひユーチューブでご覧ください。 https://www.youtube.com/channel/UCHGU-R6P1lljtZWtvZcfi1A?view_as=subscriber

テーマ

今回からの3回は、愛知県江南市にあります学習塾、「勉強のやり方専門塾ネクサスの授業、伊藤敏夫先生にご紹介いただきます。この方の塾名がすごい(笑)勉強のやり方専門塾!!そして、本を複数出しています。その本の中の1冊、中学生の間違い直し勉強法から、テーマは、やってはいけない間違った勉強の仕方ワースト10(何回も何回も書き取りしてはいけない」ぜひ中学生の方には聞いていただきたい内容です。

まとめ

伊藤先生の著書である「中学生の間違い直し勉強法」からやってはいけない間違った勉強の仕方ワースト10の1つ目をご紹介いただきました。ではまとめです。

何回も何回も書き取りしてはいけない。漢字や英単語などを覚えようとするときに、あなたは何回も何回もノートに書き取りしておぼえますか?実は、その勉強の仕方、間違っています。書き取りするのは、覚えるための手段の一つにすぎません。にもかかわらず、何回も何回も書き取りをすることが勉強だと思っている子供たちが多いようです。また覚えている単語もノートに書き取りしていることはやってはいけない。ポイントとして覚えることが目的で、書き取りはあくまでも手段です。書き取り以外で覚えられるならそれでOK。例えば、空書きする、声に出して言う方法があるとのことです。

もし、書き取りをして覚えたい場合、漢字だと、よみや送り仮名、熟語もセットで書いて覚えること。英単語の場合は、読みとスペルとセットで書くことが大切とのことです。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ