ホーム

>

ブログ

>

青森県高校入試情報

>

中3志望高校・第1次調査

中3志望高校・第1次調査

2021.11.27

青森県高校入試情報

あと数日で12月。今年も残すところあと1か月程度となりました。
11月25日に青森県教育委員会から、県内の中学3年生の「進路志望状況第1次調査」の結果が発表されました。
調査は11月10日現在で行われたもので、各高校の志望者数と志望倍率が発表されています。

八戸工業電子科 2.46倍

青森県内の県立高全日制過程で最も倍率が高いのが「八戸工業・電子科」の2.46倍です。
定員35人に対し、86人が志望しています。

八戸と八戸西も 1.25倍

県南地方の普通科では八戸と八戸西も各1.25倍で志望倍率が高い結果となっています。

三八地区の高校の倍率

三八地区の高校の倍率は以下のとおりです。

「第2次調査」発表は1月上旬

第2次調査は12月9日に行われ、結果は来年1月6日に発表される予定となっています。
各中学校で三者面談も行われますので、まだまだ倍率の変動が予想されます。
今回は八戸工業・電気(0.69倍)や八戸商業・商業(0.78倍)、八戸東・表現(0.83倍)などが1倍を割っています。第2次調査では志望者数に変化がありそうです。

中3生の塾生は来週後半に塾での保護者面談があります

志望倍率が出てから自習に来るようになった中3生の塾生もいますね。やっとお尻に火がついた模様。

勉強ナビ八戸下長校では来週12月2日(木)から12月5日(日)の間に冬休み前の保護者面談を行います。基本は中学3年生の面談ですが、そのほかの学年でも相談等で面談希望の場合は面談可能です。また保護者面談と言っていますが、希望があればお子様を交えての3者面談もOK。今年も数名3者面談希望の塾生がいます。

さらに、学校での面談前に塾で相談したいという理由などで、早めに面談を行っている塾生もいます。塾生の中にもまだ志望校を決めかねている塾生もいます。この高校にしてよかったと思えるよう志望校決定できたらいいなと思います。

青森県立高校まであと102日

令和4年度の青森県立高校入試は、3月8日(火)に行われます。
あと100日ちょっとになりました。
受験生のみなさん、第一志望合格を勝ち取るためおよそ100日必死に頑張りましょう。本気で頑張った人には相応の結果が必ずついてきます!!

第1次調査の詳細や、三八地区以外の高校の志望倍率等については、青森県教育委員会のHPをご確認ください。

下長校の中3生の様子~

倍率が発表されたからなのか、全県テストの結果からなのか、中3生が今までよりもぽつぽつとですが自習に来るようになりました。(本当はもっと来てほしい・・・)塾で自習をするとわからない箇所をそのまま放置ということがなくなり、その場で解決できますよ♪あと1か月ほどで冬休みに突入します。(勉強ナビ八戸下長校も冬期講習に突入です。)中3生には冬休みまでのやることリストを配布しており、今週の授業時には進捗チェックをしてもらいました。(塾側のチェックは来月第2週で行います。)実際に数字で進捗を見て焦っている塾生もちらほら。提出物の期限も過ぎているもの・迫ってきているものもあります。やり切った感を持って入試に臨んでほしいなと思う今日この頃です。

中3生のこれからの勉強については下記をご覧ください。

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ