ホーム

>

ブログ

>

塾長ブログ

>

今年の入試対策は早めのスタートがポイント!勉強ナビは入試特訓が始まります!!

今年の入試対策は早めのスタートがポイント!勉強ナビは入試特訓が始まります!!

2020.05.23

塾長ブログ

こんにちは、塾長の中嶋です。学校が再開され3週間が経過しました。

中学3年生は6月に実力テストが行われる学校もあるようです。

毎年、6月の中体連が終わり、定期テスト後から入試特訓をスタートしていますが、今年は少し早く入試特訓のキックオフ授業を行う事にしました。

その内容について、ご紹介したいと思います。

入試特訓とは

夏休み前までを前期、夏休み明けからを後期として、入試対策の授業を通常授業とは別で60分授業を1日に4回行って、志望校に合格する力をつけるものです。前期、後期とも4日実施する予定ですが、日数は変更になる場合もあります。

入試特訓の目的は次の通りです。

●塾生の志望校合格に向けて入試力を身につける

●実力テストで点数がとれる学力を身につける

●受験勉強の勉強法を身につける

5/30入試特訓キックオフ授業の内容を紹介

●入試までの流れを確認する
「いつまでにどのような力をつけるべきか?」など全体像から説明します。

●実力テストと入試について
「問題の構成」「問題の解き方」「過去問での勉強のやり方」など学校の定期テストの勉強とはまったくことなることが説明します。

●実力テスト対策
実際に数学と英語の問題を解いて、解説します。

夏休み前までに学習するべきこと

数学

中2の一次関数と証明問題のトレーニングをしよう!

教材は学校のワークでOK。

英語

中2までの文法の総復習をお勧めします。

教材は学校のワーク(中1、中2)でOK。

志望校が進学校の場合、長文の読解もそろそろ勉強スタートです。

社会・理科

中2までの重要語句の総復習をしましょう。

教材は教科書を読む、書店で重要語句の確認ドリルなどがお勧めです。

国語

自宅で勉強するものとしては漢字、文法がお勧めです。

教材は学校のワークで十分です。

最後に

学校の授業が再開され、中学3年生は授業の進みが早いように感じます。来年の3月5日の入試日までにすべての過程を終了させるべく、約2か月の遅れを取り戻そうとしていますね。

今、学習している箇所は、授業中にしっかりと理解して覚えることが大切です。もし理解できない場合は、そのまま放置するのではなく、周りに聞く勇気を持ちましょう。わからない所をそのままにしていてはいけません。

そして、例年以上に早めから受験勉強をスタートさせましょう!!

6月以降もコロナ感染の状況がどうなるか?不安が続きますので、予定をきちんと立てて勉強するべきものをきちんと進めていくことが大切です。

勉強ナビでは、塾の授業だけでは時間が限られていますので、自宅での宿題で入試対策を4月から進めています。また今日のブログの案内の通り、入試特訓の授業を行い、6月以降の実力テストできちんと点数がとれる対策を行っていきます。

八戸地区の中学夏季大会中止も正式に決定し、中学3年生の子供たちは、とてもつらい決定だったと思います。この逆境を乗り越えることで、中学生としてよりたくましく成長できるものとプラスに考え子供たちを勉強面でサポートしていきたいと思います。

5月中のご入会で、入会特典がありますで、ぜひこの機会に個別説明会と無料体験学習に参加してみませんか?詳しくはこちらです。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ