ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

冬期講習のカリキュラムについて(青葉校)

冬期講習のカリキュラムについて(青葉校)

2020.12.10

青葉校

12月24日(木)から冬期講習

12月24日(木)から、2020年度の冬期講習を行います。

青葉校の時間割は以下のとおりです。

● 小学生(水・木・金)
→ 17時~18時(60分コース)、17時~18時30分(90分コース)
● 中学生
→ ① 16時30分~18時30分、② 19時30分~21時30分

高校生の自立学習コースは通常どおり、授業時間は設定せず、学びエイドと学習管理、自習と質問対応で進めていきます。

開講日は以下のとおりです。

12月24日(木)~26日(土)、28日(月)~30日(水)
1月4日(月)~5日(火)【中3集中ゼミのみ】
1月6日(水)~9日(土)

1月12日(火)にワーク点検日を設けています。

開講日は14時から自習可能です。

開講日は、14時から21時30分まで自習可能です。
授業時間以外は、わからないところの質問にも答えます。

冬期講習のカリキュラムについて

ただいま、冬期講習に向けて各学年のカリキュラムを準備中です。
その概要をお知らせします。

小学生

小学生は、二学期の学習内容から苦手箇所を拾って復習します。
特に小5と小6は、算数のボリュームが多く、理解が難しい内容がたくさん含まれています。
前の学年の内容についても、つまづきがないか12月のうちに確認して、必要に応じて追加します。
一人ひとり扱う内容を決めますが、冬休みは期間も短いので、算数に集中することになりそうです。

中1生・中2生

中1生・中2生も、二学期の学習内容から苦手箇所を拾っての復習が中心です。
通常の授業ではなかなか扱えない国語・理科・社会についても、まとまった時間を使って整理します。
演習中心で、自分で弱いところを発見して、質問・理解して次は解けるようにするという、今後のテスト勉強にも活かせる勉強のやりかたも身につけてほしいと思っています。

中2生は、入試を意識した実践的な応用問題も取り入れていきます。
さらに、中3生が使っている英単語帳も配布して、語彙力の強化も始めます。

中3生

中3生は、もちろん入試対策です。
9月以降使用している入試用問題集と並行して、全県テストや学校で実施した実力テストの解きなおしなどを入れる予定です。
一度解いて見なおしもした問題です。
完璧に自分のものになっているか、再確認します。

1月4日(月)と5日(火)は「中3集中ゼミ」を行います。
例年どおり、5教科+「入試の解きかた」の6コマ(各90分)で、改めて入試問題を知り、入試問題を解けるようにします。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」です。

高校生

高校生の自立学習コースはもともと授業時間を設定しておらず、追加の講習も行いません。
ただ、時間に余裕がある長期休業中は、いつもより多く塾に来てもらい、学習管理と質問対応を厚くします。

高校生はテーマを2つないし3つ設けて、その分野を徹底的に攻略してもらいます。
高2生はもうだいたいやることが決まっています。
高1生はふだん時間がなくて手がまわりにくい分野について、塾生と相談して決めていきます。

おわりに

どの学年も、各自の目標と現在のレベル、得意不得意に合わせてやることを設定していきます。
難しすぎる問題や解説をただ眺めていたり、逆に簡単な計算問題で自学ノートを埋めるだけの勉強をしていたりでは、成績は上がりません。
適切な課題で効率の良い勉強ができるよう確認していきます。

また、長期休業中はどうしても生活が不規則になり、時間があるはずなのに十分な勉強ができなかったということにもなりがちです。
自習スペースも活用して、 規則正しい生活で有意義な冬休みにしてほしいと思います。

勉強ナビでは、個別にやるべきことを決めますので、12月途中からでも、講習が始まってからでも、いつからでも始められます。
保護者の方の個別説明会と無料の体験学習を実施しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

県立高校入試まで あと85日
私立高校入試まで あと62日

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ