ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

テストの後片づけ

テストの後片づけ

2020.07.10

青葉校

今日で、青葉校塾生の二次考査がすべて終了しました。
1か月を超えるテスト対策もようやく終わったわけですが、テストの後片づけも大事です。
各教科の点数・答案の内容を整理して、一人ひとり反省点を書いてもらい、次に向けての対策を一緒に考えていきます。

見なおしのしかた

テストが終わったら、その見なおしが必要です。
できなかった問題、できるはずだった問題を確認して、次に同じような問題が出たときにできるようにします。

残念ながら目標点数を下回った場合は「補習」で、各教科の見なおしをしていきます。
クリアした場合も、自学や自習でもう一度見なおしをするよう話をしています。

その際は、できなければならない問題と、(少なくとも今は)できなくてもよい問題とに分けることも大事です。
たとえば、今回の数学が50点だったとして、次回は90点以上を目指す、というのはさすがに現実的ではありません。
まずは「プラス10点」ぐらいを目標にして、そのために必要なところを集中的に勉強したほうが効果が上がります。

もちろん、難しい問題にチャレンジするのも大事です。
チャレンジすることで新たな目標が見えて、勉強に対するモチベーションも期待できます。
しかしその前に、ケアレスミスをなくす、あとちょっとでできそうだった問題をできるようにする、時間配分を考えるなど、地味ではあるものの得点に直結する部分、これをいま一度確認していきます。

今後の予定

7月12日(日) 入試特訓 第3回

7月12日(日)の17時から、60分×4コマの入試特訓を行います。
先週の社会・理科に続いて、今週は数学・英語です。
5月30日の第1回(キックオフ)に参加できなかった人や、6月以降に入塾した人のために、入試問題の構成・解きかた・時間配分などについても再確認します。

夏期講習は7月25日(土)から

7月20日~7月24日は「年間休日」のため休講です。
7月25日(土)から夏期講習を始めます。
今年は夏休みが短縮されるので、夏期講習もやや短期集中型になります。
現在、各学年のやることリストを準備中です。
二学期以降の学習に向けて、各学年、基本をしっかり復習します。

県立高校入試は 2021年3月5日(金)

先日(7月8日)、来年度の県立高校入試が予定どおり 3月5日(金) に行われることが発表されました。

http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/senbatsu2021.html

出題範囲についてまだ発表はありませんが、青森県は大幅な削減はないと見ています。
学校によって差はありますが、中3生の授業の遅れは概ね二学期中に解消できそうな感じだと思います。
いずれにしても、三八地区内に限れば休校の期間はほぼ同じなので、有利不利はありません(八戸市と階上町が若干長いですが)。
日々の勉強で、目の前の課題を一つひとつ解決していくことが合格につながります。

新型コロナウイルス感染症対策に係る各市町村の小・中学校休業措置状況 [2020/5/21]
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-seisaku/files/20200521_syocyu.pdf

おわりに

3月・4月の学校休校に始まり、市中体・郡中体など各種イベントの中止、一次考査の中止、修学旅行の延期、そして夏休みの短縮など、今年度は子どもたちを取り巻く環境が大きく変化しました。
特に市中体・郡中体の中止は、中3生に大きな衝撃を与えました。
それでも最近は、今月に各競技で行われる対外試合に向けて、塾生からも前向きな声が聞かれるようになりました。
ここ数日、東京都内の感染者数がニュースの上位を占めていますが、これ以上拡がらないことを願いつつ、学習面でも気持ちの面でも、塾生が落ち着いて課題に取り組めるよう、日々できることをしていきます。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ