ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

二次考査対策中盤戦(青葉校)

二次考査対策中盤戦(青葉校)

2020.06.25

青葉校

勉強ナビでは、定期テストの14日前からテスト対策を開始します。
青葉校は今回、各中学校の二次考査実施日によって、A・B・Cの3つのグループに分けて対策授業を行っていますが、7月10日にテストを行う学校があり、新たにD組をつくりました。

中学生のテスト対策

A組(小中野中、鮫中など)は6月19日にテストを終えて、答案が返ってきています。
前年度5回のテストの最高点を上まわる結果を出した塾生もいて、上々のスタートです。

B組(第一中、長者中、大館中など)は明日6月26日が5教科のテストです。
今日、実技教科のテストを行う学校もあり、昨日今日で5教科にしっかり時間を使えるかが鍵になりそうです。
テスト対策を早めにスタートしたことで、多くの塾生が勉強時間50時間を達成し、ワーク・プリントも2周目から3周目に入っています。

C組(第三中、湊中など)は、テストまであと1週間です。
部活も休みになりますので、ここからペースアップします。

D組(階上中など)は、さらに1週あとの7月10日がテストです。
塾ではまだ通常授業で、学校で習っている範囲とちょっと予習で進めています。
今週末からテスト対策授業に入ります。

高校生もテスト対策

現在、青葉校の高校生コースは八戸北高(第2回考査:7月1日~3日)の生徒が多く、昨日から自習に来る塾生が増えました。
高1生は、高校で初めての定期考査です。
問題量・記述量とも中学のころの何倍にもなり、今まで以上に速さと正確さが必要になります。
暗記と理解の両輪で効率的に勉強を進められるよう、アドバイスしていきます。

大学入試、高校入試関連ニュース

【大学受験2021】共通テストは3日程、学習の遅れ等理由に第2日程選択可

【大学受験2021】共通テストは3日程、学習の遅れ等理由に第2日程選択可
https://resemom.jp/article/2020/06/22/56844.html

共通テスト、第2日程は現役のみ
https://www.daily-tohoku.news/np-article?np=2020061901002730_BRIEFNEWS_National_national_1

大学入試共通テストは、
● 第1日程: 2021年1月16日・17日
のほかに、
● 第2日程: 2021年1月30日・31日
● 特例追試験: 2021年2月13日・14日
を設けるようです。

感染症による休校で学習が遅れている場合も、第2日程を選択できるようにするとのことです。
しかし、今回は共通テストの初回であり、出題内容の詳細が不明であるため、「第1日程の問題を見て対策を立てられるので第2日程が有利」という意見も見られます。
第2日程を受けられる条件をはっきりさせないと、徒に受験生を惑わすだけになるようにも思います。
また、「浪人生は第2日程の受験不可」となったようで、趣旨を考えればわからなくもないですが、何か腑に落ちないわかりにくさが残ります。
いずれにしても、フェアな入試のためにはさらに明確な指針を出してほしいところです。

試験会場に中学校利用も 高校入試で、文科省

試験会場に中学校利用も 高校入試で、文科省
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60733620U0A620C2CZ8000/

6月25日付のデーリー東北にも載っていますが、文部科学省が
「受験生が在籍する中学校を試験会場とすることも考えられるとした事務連絡を都道府県教委などに出した」
とのことです。
高校入試も流動的です。
引き続き、最新の情報に注意を払っていきたいと思います。

勉強ナビ八戸青葉校から

2020年7月20日までにご入会の方は、入会金と教室管理費が半額になります。
また、2020年8月31日まで、「友だち紹介キャンペーン」を実施中です。

令和2年(2020年)夏の入会特典の内容について
https://juku.educreation.co.jp/director-blog/1853/

友達と一緒に塾で勉強!!
https://juku.educreation.co.jp/director-blog/1877/

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ