ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

二次考査対策 早めのスタートで50時間確保を

二次考査対策 早めのスタートで50時間確保を

2020.05.28

青葉校

先週から今週にかけて、各中学校で6月・7月の予定についてのお知らせが出ています。
塾としては、二次考査の日程が気になるところです。

今回のテスト対策は「3組」に分けて

昨年度は、当時の寺子屋(類家)塾生の中学校がすべて6月最終週で揃ったので、対策も全員同時期に行えました。

しかし今年度は、当初予定の6月25日(木)・26日(金)から、
● 小中野中が約1週早めて 6月19日(金)
● 第三中は逆に1周遅らせて 7月3日(金)
に変更することが、現時点でわかっています。

したがって、青葉校では「A:6月19日組」、「B:6月26日組」、「C:7月3日組」の3組に分けてテスト対策を組む予定です。

一次考査中止の影響

今年度は、一次考査がすべての学校で中止となりました。
(第一中では、代わりに30分ずつ5教科の「基礎学力テスト」が実施されました。)

今年度の定期テストは、1回減って4回になる見込みです。
中3生は実質的に「二次考査」から「四次考査」までの3回だけとなります。
必然的に1回の比重が大きくなり、内申点への影響も大きくなります。

1回ごとの試験範囲も広くなります。
また、前述のとおり日程の前倒し・後ろ倒しなど、学校によって方針も異なるので、その意図も汲んで、学校ごとに対策を立てていきます。

「A組」は、来週から二次考査対策

実は、二次考査は6月最終週だと思いこんでいたので、6月19日の学校が出てきたことで慌てて準備をしているところです。

でも、やることはいつもと変わりません。
試験範囲になるところのワークを3周する、「やることリスト」で優先順位の決定と進捗管理を徹底する、テスト勉強会でしっかり問題演習をするなど、得点力アップにつながることを粛々とこなしていきます。

「A:6月19日組」は来週後半からテスト対策に入ります。
今回も、モチベ授業とテスト勉強会で10時間、自習と家庭学習も含めて合計50時間以上の勉強時間を確保します。
成績アップ保証制度も実施しています。

テスト対策については、以下のリンクをご覧ください。

おわりに

先週、八戸市中体の中止が発表されました。
部活に打ち込んでいた中3生には、なかなかかける言葉が見つかりません。
運動部だけでなく文化部の活動も縮小されるでしょう。
来週から部活も再開されますが(八戸市内の中学校)、目標を失い、我々外野には計り知れない苦悩が本人たちにはあると思います。
愚痴や不満を聞くことぐらいしかできませんが、一人ひとりに寄り添って、一緒に進んでいきたいと思います。

勉強ナビ八戸青葉校から

5月30日(土)、中3生の「入試特訓キックオフ授業」を行います。
二次考査対策と同時に、高校入試対策も本格的に始めます。

塾の詳細については、ホームページをご覧ください。

個別指導進学塾 勉強ナビ
https://juku.educreation.co.jp/
八戸青葉校
https://juku.educreation.co.jp/aoba/

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ