ホーム

>

ブログ

>

青葉校

>

新年度に向けて 授業・教材・家庭学習

新年度に向けて 授業・教材・家庭学習

2020.04.06

青葉校

大変な状況が続いています。
そして、この状況はいつまで続くのか、まったくもって不透明です。
自分と周りの人の身を守るために必要な情報は、調べてしっかり頭に入れておく必要があります。
しかし、流れてくる情報をすべて受け入れていると、気が滅入って身動きがとれなくなります。
小学生も中学生も、そして高校生も、「やってはいけないこと」はわかっているはずです。
それをしっかり守ったうえで、あとは日々工夫して、明るく過ごしていきましょう。

新年度の授業

新テキスト

新年度は、勉強ナビの授業のやり方を変えます。
まず、大きな変更点は、中学生の使用教材です。
塾長はじめ講師陣が比較検討し、今年度からは通年教材として「フォレスタ」シリーズを採用しました。

● 塾教材フォレスタ(外部サイト)
http://www.foresta.jpn.com/

「毎年全国の数万枚の定期テストを分析し、どのような問題が出題され、生徒がどこで間違っているかを徹底的に分析し」制作されたテキストです。
成績上位のお子さんから、勉強に苦手意識を持つお子さんまで、すべてのお子さんに必要な「基本問題」を繰り返し確実に定着させて、成績アップにつなげていきます。

英単語集

その他にも、英単語集をはじめとするサブテキストも変更しています。
塾長作成の動画で勉強のやり方を説明しています。ご確認ください。

● 英単語の勉強のやり方について(4月3日付、塾長ブログ)

映像授業

特に外出が制限されているこの時期、さらに学校の授業が進んでいないこの時期、家の中でも学べる映像授業をぜひ活用していただきたいと思います。
中学生はお馴染みの「勉強ナビ映像授業」、高校生には今年度から「学びエイド」を用意しました。
どちらも前の学年の内容も見ることができます。
この機会に、苦手箇所は前の学年に戻って通して見てみましょう。

● 再掲 = 英単語の勉強のやり方について(4月3日付、塾長ブログ)
https://juku.educreation.co.jp/director-blog/1061/
映像授業のトリセツもあります。

● 学びエイド(外部サイト)
https://www.manabi-aid.jp/

休校期間中の過ごしかたについて

家から出られないことで、ストレスが溜まっていることと思います。
家にいる時間、ずっと勉強だけしているというのも不可能な話です。
映像授業のためにPCやタブレットを開けば、趣味の動画を見たりゲームをしたくなったりするかもしれません。
この状況下では、個人的には、気分転換のために多少はOKだと思っています(ご家庭の方針しだいですが)。
ただし、事前に上限の時間をきちんと決めておくこと。自分との約束です。
部屋に方眼紙を貼って、自分との約束を1回守ったら1つ「〇」を書く。
シールでもスタンプでもよいでしょう。
さらに、ワークを2ページ解いたら1つ「〇」、英単語を覚えたら1つ「〇」。
自分の努力を可視化して、「〇」をたくさん書けた自分を褒めてあげましょう。
家事手伝いもしてほしいと思います
いつもより長い時間、家にいるわけです。
一日中仕事をして家事をして、皆さんのために動き回っている大人の姿も見えるでしょう。
掃除、洗濯、食器洗い…… 今までしたことのない人は、ぜひ行動してください。
これも1つできたら、1つ「〇」を追加していいですよ。

さいごに

写真は、昨年度の中3生が受験前に折ったものです。
結果は2人とも無事合格でした。
自分で決めたことをきちんと守り通す、そういう塾生が第一志望合格を勝ち得ています。
新中3生も先輩に続け!

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ