ホーム

>

ブログ

>

ラジオ番組

>

春休み中の勉強のやり方新中学2年生編

春休み中の勉強のやり方新中学2年生編

2021.03.17

ラジオ番組

2021年3月17日第356回の放送内容です。BeFMラジオを聞き逃したかたはぜひユーチューブでご覧ください。 https://www.youtube.com/channel/UCHGU-R6P1lljtZWtvZcfi1A?view_as=subscriber

テーマ

今回のテーマは新中学2年生の春休みの勉強のやり方について紹介したいと思います。今回の紹介者は勉強ナビ八戸根城校の校舎長である久保先生にお願いしました。

久保先生は、出身は八戸市で、教育業界に20年間従事してきたスペシャリストです。2011年の震災前までは八戸市で、震災直後からは滋賀県、岡山県、宮城県と渡り歩き、塾・英会話スクール・予備校といったいくつかの業種を経験しています。昨年から勉強ナビで活躍している久保先生です。ぜひ中学生の方や保護者の皆さんに聞いていただきたい内容です。

久保先生は写真右です。左はおなじみの勉強ナビ塾長兼勉強ナビゲータです。

内容

・春休みは宿題の量が少なく、部活動の行事なども少ないので、比較的時間があるお子様が多いと思います。ということで、1年間で習った学習内容の総復習、そして苦手分野がある場合には苦手分野克服をする時間として春休みを使ってみてはいかがでしょうか?
・5教科全てで苦手としている分野に取り組んでほしいところですが、時間の限りもあると思いますので、今年に関しては特に「英語」と「数学」に時間をかけて復習することをおススメします。
・ご存じのリスナーもいらっしゃると思いますが、来年度は中学校の教科書改訂が行われます。現在使われている教科書からは8%ほどの増加、その前の教科書からは20%の増加となって全教科の教科書3年間分の合計が1万ページを超える量になると言われています。
・そしてその中でも特に変化が大きいのは英語です。現在のそれぞれの学年で学習している文法事項の一部が一つの前の学年に割り振られ、3年生にはこれまで高校で学習していた内容の一部も加えられます。英語を苦手としている人にとってはかなり大きな変更となってしまいそうです。
 ちなみに、授業は基本的にはすべて英語で行うという指針も発表されています。
・そして数学ですが、英語ほど大きな変更はありませんが、計算力やグラフの知識、図形の知識の基礎事項は2年生の勉強でも必要になるところですので、それぞれ苦手分野の克服を目指しましょう。

・それでは、特に注意しておくべき英語では何をすればよいかを、より具体的にお話ししましょう。ずばり単語・文法の復習が必須です。これまで中学校3年間で学習する単語数は1200語程度とされていましたが、来年度からは1600語から1800語程度と約1.5倍になります。1年生で学習した単語をしっかり覚えていないと2年生以降急激に増える量に対応しきれなくなってしまう可能性も出てきますので、出来る限り覚えきってしまいましょう。教科書の後ろには学習した語彙のリストがありますので、一度リストをチェックしてみて、抜けている単語がどれくらいあるかを確認してみてください。最低でも9割くらいまでは覚えておきたいです。
・文法も同様です。1年生で学習する文法内容はその後の学年でも覚えていて当然のものとして説明がされていきます。be動詞と一般動詞の使い方、現在形・過去形・進行形の違い・疑問詞などはすべて押さえておきましょう。
・そしてもう一つ、おすすめしたい勉強法が教科書の音読です。音読はただ声に出して読めばいいという訳ではないところに注意してほしいのですが、文の内容を理解した上で、その内容を意識しながら最低でも一つの文につき20回ほどは読んでみてください。正しく行うと、効果を必ず実感できる勉強法です。出来る人は50回に挑戦してみるのもいいでしょう。

・お子様の現時点での学習習熟度によって、やるべき内容や方法は異なります。ほかにもちょっとやる気になれるなという勉強があったら是非試してみるのもいいでしょう。保護者や学校の先生、大人から一方的にやらされる勉強より、自ら考えて、学ぶ姿勢がとても大切なので、ちょっとでも簡単にそして効率が良い勉強を自分でも考えてトライしてみてください。

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ