ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

【根城校】第1回定期テスト対策 GW明けより開始! 2週間で結果をつかみ取ろう!

【根城校】第1回定期テスト対策 GW明けより開始! 2週間で結果をつかみ取ろう!

2021.04.28

根城校

明日からいよいよGWが始まりますね。
今年は最大11連休を取るという方もおられるようです。一方で東京や大阪などの都市圏には緊急事態宣言も発出され、中々遠出はできないという休暇にもなりそうです。

さて、勉強ナビでは、中学生の塾生の皆さんがこのGW明けより「第1回定期テスト対策」を開始します。
今日は定期テスト対策授業についてご紹介します。

1次試験を大切にする理由

中学校では、年間4~5回の定期テストが行われます。今年度も2学期制の形式では年間4回、3学期制の形式をとるところでは年間5回のどちらかとなっているようです。
どちらの形式においても、1回目の定期テストは各学年共通で大切なテストとなります。

中1生にとっては初のテスト 今後の基準に

1次考査は、4月に入学した中1生にとっては、中学での初の定期テストとなります。
5教科でどれくらいの点数が取れるのだろうか、というおおよその点数の基準になるとともに、学年での「順位」が初めてはっきり出されることになります。

もちろん、1回目の順位がそのまま1年間同じとなることはないでしょうし、点数も努力によって上げることが可能です。
ですが、1回目のテストは次のテストと合わせて評定の参考となりますし、その評定の積み重ねが高校入試へと影響していきます。
そして何より、次回以降のテストへのモチベーションに影響してしまうことも少なくありません。

中学校では、1回1回のテストのどの回も等しく大切なテストとなります。
そして、1回くらいはいいやという気持ちは厳禁で、どの回も同じように対策に力を入れなくてはならないのです。

中3生は実質1回少ないと考えよう

中3生も同じく年間で4~5回のテストを受けることになります。

ですが、こと成績に関して言うと、1回分少なくなると考えておきましょう。
評定値に影響するのは遅くとも11月までのテストになるためです。
最後のテストは年が明けての2月ですが、この時にはすでに調査書点(内申点)が確定してしまっていることでしょう。
つまり、高校入試の調査書における評定値を上げようと思ったら、年内に行われるテストで力を発揮しなくてはなりません。

最後の定期テストは入試直前。
これは、入試のために勉強してきた成果を測るためのテストと考えてみましょう。

塾では2週間の対策期間を取っています

学校で部活動が停止になるのはテストの1週間前。
ですが、塾ではさらにその1週間前からの合計2週間を対策期間としています。

GWが終わったらテストの意識を

今年度の5月のテストに関しては、テスト実施の早い学校では1次考査の2週間前が、ちょうどGWが明けた週になります。
GW期間中は学校の授業もなく、部活動の大会がある場合もあり、勉強に力が入りきらない場合もあるかもしれません。

そして、学校が始まってすぐに勉強に集中できるかというと、なかなかそうもいかないものです。人によってはパッと気持ちの切り替えが出来る場合もありますが、元の状態に戻るまでに数日かかってしまうこともあります。

そして、そうこうしているとあっという間にテスト週間突入、となりますので、早め早めで気持ちを切り替えていく必要があります。
もう一つ、1ヶ月間で学習した内容のすべてを定着させるには復習は必須。復習をしっかりするためには2週間前から取り掛かる方がよいことになります。

ということで、塾生はGW明けすぐ、テスト本番2週間前からテスト対策をスタートさせます。

対策期間にすることは

勉強ナビのテスト対策期間では、10時間の無料勉強会を実施します。

この間は学校の教材を中心に復習し、暗記が必要なところは覚え、思考問題では苦手としているところを質問して解決する姿勢が大切です。

そして期間中には「モチベーション授業」という大切な時間を設けます。
テスト期間までにやることをリストアップし、それを期間内でどのようなペースで手を付けていくかを確認する。やるべきことをはっきりさせる時間です。
このリストの進捗状況は毎日の授業の中で確認しますので、うまく進んでいない遅れ気味の時にはどうするかを相談し、アドバイスもします。

やることが見えずに時間だけがただ過ぎ去る、ということがないように見える化させることが大切なのです。

やることがわかれば後は勉強し続けること。
無理し過ぎないように、それでもぎりぎり頑張り切れるところまで勉強の時間を取るのみです。

目標点をはっきりさせる

もう一つ、塾生には必ずしてもらうことがあります。

それは、5教科それぞれの目標点を定めることです。
2年生、3年生であれば前学年までの点数も参考にしながら、その回のテストでの目標点を定めます。
講師と生徒の間のみではなく、保護者の方にもお知らせしますので、甘すぎず、厳しすぎずという難しい設定になりますが、「ここは必ずクリアするんだ」という目標を定めて取り組んでもらうようにしています。

おわりに

長期の休暇明けでテスト対策に臨むのは、最初の内はリズムに乗り切れないかもしれません。
ですが、スタートを後ろにずらせばずらすほど大変になってくるのも事実です。

GW中に勉強時間を0にすることがないように気を付け、出来るだけ早くテスト対策勉強モードに気持ちを持っていく準備をするのも忘れないように心がけましょう。

●八戸市の下長、根城、青葉(類家)にある人気の学習塾、勉強ナビの詳細は公式ホームページでご確認ください。こちらをクリック!!


●ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

●ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。


関連記事

  • 月別アーカイブ