ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

土曜特訓(社) 暗記科目をいかに攻略するか

土曜特訓(社) 暗記科目をいかに攻略するか

2021.02.13

根城校

私立入試が今週水曜日に実施されました。ウルスラ高校の試験は県立入試の傾向に沿ってはいるものの、あまりふだん問われない事項を含んでいたのでそこが難しかったと思います。ウルスラ、工大一、工大二の問題をすべて見ましたが、全体的には少しやさしめに作られれていると個人的に感じました。次は、県立入試ですね。もう20日もありません。頭を切り替えて、3月5日(金)に向け全集中していきましょう!

土曜特訓(社会)

土曜特訓(英語・数学)に引き続き、今日は土曜特訓(社会)を県立を志望している中3を対象に行いました。実際の入試で社会が難しくなる傾向はここ最近見受けられません。平均点はおおむね60点前後です。社会は5教科のなかでもっとも暗記色が強い教科です。そのため、暗記が得意な人は80、90点台をふつうにとってきます。志望校にもよりますが、社会が苦手な人はあまり差をつけられないように知識を増やしていきましょう。今日の土曜特訓も前回と同じように通塾組とZoom組に分かれて行いました。内容は入試前の実力チェックのプリントを3分野(地理・歴史・公民)をまんべんなく解くというものでした。(前回の数学に関してはこちらから)

地理

地理は、教科書の語句はもちろん大事ですが、世界地図や統計資料に関する問題が大きなウェイトを占めます。そのため、教科書を読むだけでなくいろいろな問題に触れることが大事になってきます。世界の主要な国の位置や気候・農産物・人口などの特徴を押さえましょう。日本地理では、主要な河川、平野、山脈(山地)、工業地帯(工業地域)やその地方の特徴が問われます。昨年度の入試では東日本が問われたので、今年は西日本が怪しいです。青森県の位置上、西日本の府県がうろ覚えな人がいるかもしれませんが、過去の入試では県名や県庁所在地名が出題されたことが数回あります。47都道府県と県庁所在地名は最低限の知識としてかくにんしておいてください。

歴史

範囲が広く覚える量も膨大なため、3分野の中で一番学習時間がかかります。入試では各時代が総合的に問われるため、重要語句を覚えるだけでなく、その時代の出来事、活躍した人物、文化、世界との関係をくっきりさせておかなければなりません。知識をインプット・アウトプットする際はいつの時代のことか意識しながら勉強するとよいでしょう。出来事の順序並び替え問題は難易度が高く、歴史が得意な人でも苦労しがちです。よって、細かい年号の暗記は余裕があればでOKです。

公民

量としては最も少ないですが、お堅い内容と中学生にとっては概念をつかみづらい単元(銀行や株式会社)が含まれているので、苦手という塾生も少しいます。中学生でもわかるような解説に努めています。国会の会期、被選挙権やリコールの必要署名数など数字がたくさんでてきますが、何度も問題を解くうちに自然に覚えていけると思います。

土曜特訓(社会)をやってみての所感

今日の土曜特訓で私はZoom組を担当しました。栽培漁業や養殖漁業の違い、第1次産業、第2次産業、第3次産業の覚え方など大変良い質問をたくさんもらいました。歴史で各時代の重要な役職をノートにまとめている要領の良い子もいました。今日の特訓が本番で少しでも役立ってくれることを願っています。

中1・2は5次考査対策スタート

根城中と第二中のテストが2月26日(金)にあります。今週から、根城校は定期テスト対策週間をスタート!授業・勉強会・自習・モチベ授業・家庭学習の50時間のカウントも昨日から開始しました。5次考査は1次考査よりも断然難しくなっていますが、一人一人が設定した目標点を達成できるように、そして保護者の方を含めてこの塾に入ってよかったと思っていただけるように、勉強のやり方から指導していきます。勉強ナビでは「学校ワークは3回解く」を勉強の仕方の鉄則としています。実際にしっかりこれを行えている塾生の成績は上がっています。来週以降は木曜や日曜もテスト・入試対策のため特別開講とします。最近入塾した子は授業日以外でも自習で来て、その保護者様は勉強に専念できる環境に自分の子を置けるようになったと満足しています。成績をいかに上げられるか、使命感を持ってこれからも尽力していきます!!

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ