ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

土曜特訓(数) 頻出の図形証明と関数を鍛える!

土曜特訓(数) 頻出の図形証明と関数を鍛える!

2021.02.07

根城校

私立入試まであと4日。倍率は例年並みといったところでしょうか。学校では、私立入試の過去問を渡して宿題としている学校が多いです。ウルスラと工大二の数学は難しいとよく聞きます。数学が得意な子(光星や工大二の過去問で100点を取るレベル)でも質問をしてきます。本番でもこういう難問は出てくるとは思いますが、解けなくても自信を無くさないでください。ほかの人たちもほとんど解けてないと思いますから。県立入試の練習として緊張感を持って、自分の今の実力を発揮できればOKです。

土曜特訓数学

2月6日(土)は土曜特訓の2回目で、テーマは数学でした。<前回の土曜特訓英語に関する記事はこちらから>

数学はいろいろなパターンの出題がされます。図形証明と関数は必ず出題されるので、今回はここに焦点を絞ってさまざまな問題を解いていきました。図形の証明で大切なことはまず仮定をしっかりおさえること。仮定は問題文中に書かれています。証明が途中でつまづいたとしても仮定を書いていれば部分点をもらえる可能性があります。図形はいろいろな見方ができるのでそこが厄介なところですが、少しでも考え方の着想が鍛えられたのであれば良いと思っています。関数は利用もありますが、グラフを中心に扱いました。大体の問題では(1)で二次関数y=ax^2のaの値を求めなさい、(2)では2点を通る直線の式を求めなさい、が主流です。いずれも基本的なレベルで問題文から情報を図中に書き込んで座標を次々と出していけばスムーズに解けます。(3)以降は面積が絡んできます。等積変形や四角形を二等分する直線の式など、思考力を要しますが八戸西以上を目指す子は解けてほしいところです。県立入試まではあと26日。数学はとにかく問題を解いて力をつけていきましょう。もちろん、ケアレスミスがないように計算力も同時に鍛えていきましょう。(1)の答えを(2)で利用する場合などあるので。

オンライン授業

八戸市で先週あたりからコロナが発生し、クラスターは幸いなことにありませんでしたが、不安に感じた保護者の方々が多数いらっしゃいました。今週、根城校では、開講しての授業はもちろん行いつつZoomを用いたオンラインでの授業も希望者には行いました。講師はZoom組担当と通塾組担当でそれぞれ1名配置しています。Zoomには「手を挙げるボタン」があり、普段の授業のように1ページ解いて丸付けまでしたらこの挙手ボタンを押すように指示しています。講師はそれを見たらブレークアウトセッション(1対1対の画面)に切り替え、質問があるかなどの確認をします。学校プリントで問題数の多いものや問題文が長いものは保護者様の協力を得つつ、画像ファイルで根城校までメール送信していただき、解説をしたときもありました。やはり、直接の指導よりも教えやすさに劣る部分は少しありますが、今週はまずまずうまくやれたと自負しております。Zoomに付属しているホワイトボード機能は図形問題など解説する際に非常に便利で、塾生からも好評です。Zoomの接続テストなど保護者の方に多大なお手数をおかけしましたが、ご理解とご協力をいただけたことに感謝致します。根城校の場合、入試まではZoom組と通塾組とで授業を行っていくことになると思われますが、中1・2は5次考査、中3は入試に向けしっかりと指導していくことには変わりありません。要望にも可能な限り対応していきますので引き続き宜しくお願い致します。また、開講日は19時15分~21時30分までZoomでの自習も可能としています。入退出は自由です。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ