ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

中3入試対策の取り組み[根城校]

中3入試対策の取り組み[根城校]

2020.12.19

根城校

今年度の中3の県立入試日は、例年より早い3月5日(金)。(昨年度は3月10日でした。) 11月に1回目の倍率が公表され、志望校の倍率の動向が受験生に注目される中、残り3か月を切りました。授業より早く来て自習をする塾生が結構増えてきましたので良いと感じています。これまでの努力が結果に結びつくと信じて、がんばりましょう。

中3、入試への取り組み

おおまかなスケジュールはこちらを確認ください↓

https://juku.educreation.co.jp/wordpress/wp-content/themes/juku/image/pdf/year_schedule.pdf

社会・理科[一問一答]

4月~夏期講習前までは定期テストで点数がとれるように、予習・復習という流れで授業を行います。これに加えて、社会・理科の一問一答は入試に向けた勉強として4月から配付します。1・2年生のところをすっかり忘れている人が多く、実テでもこれが原因で得点できていないと見受けられる部分があります。語句は量が多いですが、簡単に得点源にできる箇所なので早くから取り組ませる意図がここにあります。暗記なので宿題で解いてきて、塾では再テストして知識の定着を高めます。

入試特訓(前期)

部活動が落ち着く、夏期中体連明けから日曜日に3回実施しています。が、今年はコロナの影響で5月30日に初回を行いました。 通常授業と異なり、入試向けの一斉授業と個別指導を織り交ぜての形式になり、学校の実力テストで点数をとることを目的とします。勉強の仕方についてもこの機会に改めて説明しています。なお、後期でも同様の内容でさらにレベルアップを図ります。

夏期講習

夏期講習中は、1学期に習った箇所の復習をメインに、国語入試長文などの入試対策も取り入れています。教科の得意・不得意に応じて勉強する内容はみなそれぞれです。この時期に高校では体験入学があるので、志望校も少し固まってきます。また、夏期講習中に集中ゼミを行っています。入試で実際に出るレベルの問題を解いてもらいその解説を行うスタイルとなります。最近の入試傾向の説明や各教科の点数配分からどこを重点的に学習するのか、解き方のテクニックや1点でも多く点数をとるコツなどを説明します。

入試用英単語

夏期講習ではさらに入試用英単語帳を配り、大体10ページ(単語数だと30語)を宿題で出します。家で覚えて裏紙などにテストまでが宿題です。塾に来たらスペル再テスト、そして発音と意味の確認します。発音って意味あるの?と疑問に思う人がいるかもしれませんが、リスニングの際に役立ちます。

サミング

夏休み明けから中3は入試対策用教材(サミング)を中心に勉強していきます。中1~中3の要点を確認しつつ、実践力を身に付けます。解くページはレベルや志望校に応じて違います。また、全てのページをやるわけではなく、マーキング箇所を第1優先、丸チェックを第2優先として行います。

数学[問1]

数学の大問1に慣れるための教材です。青森県の入試では、数学の大問1が例年基本計算として主題され、ここだけで配点が40点近くあります。数学が苦手な人はもちろんですが、得意な人も計算ミスで失点しないよう早い段階から解かせています。今年の塾生もすでに1周できており、2周目に突入している人がほとんどです。

英語長文プリント

学校では英語長文の対策が行われないので、塾でそこを補います。入試の出題形式に沿った問題を使用し、早く英文を読み解く訓練をします。実際、英語が苦手な子でも次第に正答が増えてきています。正しい英文の読み方+問題をたくさん解くことを通じて慣れてきたのだと思います。

冬期講習

冬期講習については以前のブログで詳細を書きましたのでこちらをご覧ください。なお、八戸高専組は試験日が2月21日(日)と県立入試より少し早いため冬期講習から試験問題対策を始めていきます。

冬期講習明け

冬期講習明けから本番までは、過去問を基に入試に向けた最終段階の仕上げをしていきます。この時期になると質問はかなり増え、教室全体が受験モードとなるピークを迎えます。

土曜特訓

1月・2月中に土曜特訓を4回行います。教科は数英社理。入試前の授業として、よく問われる分野について今年も確認していきます。ちなみに昨年度は下記内容でした。

①英語…入試頻出英単語、英作文、長文読解。

②数学…関数・図形。

③社会…地理、歴史、公民の総合問題。

④理科…計算問題。

まとめ

1年間の入試対策の流れを簡単に説明しました。概ねこんな感じが内容となりますが、人によってはサミングではなく入試の形式に沿った問題を解いた方が良い場合があるので、そこは柔軟に対応しています。また、私立単願の場合でも作文の添削や入試対策を行っています。興味がある方や塾についてもっと知りたい方は、 メール 、 LINE@ または 0120-155-873 までどうぞ!

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ