ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

自由英作文の書き方

自由英作文の書き方

2020.12.13

根城校

4次考査の補習

今週から補習対象者には、テスト解き直しの補習を行いました。テストの問題用紙を見せてもらい講師の方で内容を確認しましたが、やはり前の考査に比べて難しい内容が増えているなという印象を受けました。とある中学校のテストでは数学の問題が45問出ていました。試験時間は45分のため、1問1分で解かないと間に合わない計算です。なかなかきつかったと思います。補習では本番中に取り組めなかった問題も含めてじっくり振り返り、できないところをそのままにさせないので良い見直しの機会になります。

自由英作文の書き方

青森県の県立入試では、「自由英作文」が1問出題されます。お題に沿って20語以上の英語で書きます。ちなみに平成31年度までは語数が15語以上であったので、若干書く量が増えました。入試本番に限らず、実テや全県テストでも出題があり、配点が6点とかなり高いので空欄にするのは非常にもったいないです。どのように書いたら良いか戸惑う塾生も多いので下記のポイントを伝えています。

①自分なりに英語に変換しやすい日本語でまず内容を考える。

→書く内容が思いついたとしても英語にできなければ意味がありません。自分が使いこなせる文法、単語、表現を基に内容を考えてみましょう。

②短い簡単な文をつなぎ合わせていく。

→文の数に指定はありませんので、短い簡単な文をつなぎ合わせていくだけでもある程度の点数は見込めます。

その他にも、語数を稼ぐテクニックとして、It is (for 人) to~構文やmanyの代わりにa lot ofを使うなどがあります。自分なりに便利で使いやすいなと思った表現をふだんから心にとどめておくと、どんどん英作文に慣れてくると思います。根城校では1月に「土曜特訓(英語)」を予定しており、そこではこの自由英作文の解き方について確認していきます。

根城校の冬期講習

先日、冬期講習に関する記事を書きました。冬期講習の日程や内容について気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ