ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

11月は4次考査対策月間

11月は4次考査対策月間

2020.10.24

根城校

白山台中や長者中などは、明日文化祭本番を迎えるようです。今日は前日なのでリハーサルがあるとのことでしたが、もしリハーサルが早く終わったら塾に自習に来る!と意気込んでいる塾生もいます。無理をしない範囲で、ぜひ塾に来ていっしょに勉強もがんばりましょう。

11月には4次考査がある

テスト週間の日程

根城中や白山台中、第二中では、11月19日(木)と20日(金)に4次考査があります。4次考査の厄介なところは、大体の学校で美術や音楽などの技能教科もテストに含まれることです。そのため、いつもよりも早めの取り組みが求められます。テスト範囲の教材がテスト当日までに終わらなさそうな人には、いつものとおり自習に呼びます。根城校では、11月3日(火・祝)からテスト週間に入ります。3日は祝日ですが、特別に開けます。このほかにも、以下の日をテスト勉強のために特別開講します。

★【特別開講】11月12日(木)、15日(日)、19日(木)。いずれも、14:00~21:30まで開講・自習OK!

長者中3年生のみ、修学旅行の関係で4次考査日が早いです。(11月12日(木)、13日(金))。なので、長者3年生は来週から一足早くテスト週間になります。

中3は内心に関わる最後のテスト

中3にとってはこれが内申に関わる最後のテストになります。教科数が多く、また、学校の先生によっては総復習として1・2年生の全範囲からも出題する場合があります。このことを肝に銘じ、全力を出しましょう!!

「わからないを解決⇒自力で解けるか確認」のプロセスが大事!

ふだんの授業や自習、勉強会では、わからないところをどんどん質問してほしいと思います。質問を通して、その問題に対する解き方や考え方をまず知りましょう。注意してほしいのがここで満足しないこと。解説を聞いてわかったつもりになったままでは、まだあやふやな状態です。1から自分で解けるかそういう確認が点数UPに関わってきますので、今回のテスト週間でもその点を塾生にはしつこく伝えていきます。ふだんの授業でも行っていることですが、解説してて理解があやしそうな塾生には、こちらから類題を作成して解かせています。自力で解ける段階に到達すれば、それは理解度も記憶定着度もかなりの水準になっていると思います。

追加課題で実力確認

学校ワークやプリントなど3周すればおおむね勉強量は大丈夫かと思いますが、前回のテストの結果を踏まえ、こちらで本番前の実力チェックをした方が良いと判断した人には、追加で課題を出します。3次考査のときの例ですが、2次考査で数学の応用問題ができていなかった人には、3次考査の範囲となるところの応用問題を抜粋してプリントを出し解かせました。結果として、本番では苦手としていた応用問題も前回よりできていましたよ。

まとめ

2週間弱となるテスト週間。今回も一人ひとりが目標点を達成できるように管理・指導にあたります。勉強ナビのテストへの取り組みとして、青葉校・下長校の記事もありますので読んでみてください。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ