ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

英語長文の取り組み方

英語長文の取り組み方

2020.08.22

根城校

2学期が始まってすぐ体育祭となる中学校がほとんどです。ダンスの練習などで結構疲れが溜まっている様子も見受けられますが、塾の授業はしっかりやっていますよ。来週の土日が体育祭本番ですね。ぜひ思う存分の力を出し切ってほしいと思います。

さて、今回のブログでは英語の長文対策について触れていきたいと思います。

青森県入試英語の構成

青森県入試の英語の構成は以下の通りです。

□1:リスニング問題 →比較的簡単内容です。英語を苦手としている人は特に得点源したいところです。塾では、冬休み明けから原則対策を始めていきます。

□2:対話文読解(並び替え、空所補充)・自由英作文 →並び替えは、前後の文から類推して解く必要があるので多少厄介です。自由英作文は20語以上の英語で書くもの。

□3: 対話文読解 (空所補充)→文章自体はそれほど長くありませんが、会話の流れが自然に成り立つように、空所に適する英文を書くこの問題は、多くの受験生が苦手です。

□4:長文読解(空所補充、英問英答、和文英訳)→空所補充は簡単ですが、英問英答は、答え方の型がしっかり身についていないと減点されてしまいます。和文英訳は本文を読まなくても解けますが、どの文法を使うか瞬時に判断する力が求められます。

□5:長文読解(内容合致、下線部の内容、空所補充)→もっとも多い分量の英文で必要な情報を探すのにも一苦労です。下線部の内容について答える問題は、だいたい下線部の前後の英文が答えとなることが多いです。

英語長文問題の対策

中3には入試の出題形式の問題に慣れさせるために、長文の問題冊子を配って解かせています。特に□3~5の対策となります。(□2については、英作文・語順プリントというものを渡して対策しています。)もちろん、時間感覚を身に付けさせるために時間を計らせています。英語の試験時間は50分でそのうち□1のリスニングで約10分かかるので、実質□2~5は40分ほどで解かなければなりません。自分の力量に応じて各問題の時間配分をどうするか常に気を配ってほしいです。1つの目安として、一番時間がかかるであろう□5は10分で解くのが望ましいです。

和訳の確認

解き終わったら必ず日本語訳を確認させています。訳し方がよくわからなかった箇所や時間に追われてきれいに訳せていなかった箇所はどういうような和訳になるのかを英文と照らし合わせて確認することで、読解力の向上に役立ちます。

英語長文は量をこなす

英語の長文に取り組む際には、単語・熟語力はもちろん、文法や構文など総合的な力が求められます。また、内容読解の精度を上げるには細かな点にも注意しなければなりません。例えば、「tried」と「tired」。ほんの少しの違いですが、前者はtryの過去形、過去分詞形であり、後者は疲れたという意味の形容詞です。他にも、haveはさまざまな意味があり、どの意味で使われているのか随時判断しなければなりません。”持っている”なのか”食べる”なのか、はたまた現在完了のhaveなのか。英語長文を速く正確に読むためには、多くの問題を解いて慣れていくのが一番だと思っています。英語が苦手な人にとっては苦痛かもしれませんがいっしょにがんばっていきましょう。家庭でも長文を1日1題解いてみるなど継続していけば絶対に力がついていくことでしょう。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ