ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

オンライン勉強会の状況

オンライン勉強会の状況

2020.04.24

根城校

コロナウイルスの収束という明るいニュースはまだ兆しが見えません。ただ、青森県では今のところそこまで悪化していないので救いです。しかし、予断を許さない状況であることに変わりありません。学校がGW明けにやっと再開することを願ってやみません。

オンライン勉強会への準備期間

話は遡りますが、先週木曜日の夜、緊急事態宣言を受けたことで 翌日に市内の小・中学校は休校措置の延長を発表 、塾は対策を練らなければならなくなりました。通常開講できればそれが一番でしたが、さすがに緊急事態宣言が出たことで塾生および保護者の健康を第一に考えて、塾の授業は4月中お休みとすることにしました。ただ、そのままでは子どもの勉強が止まってしまうので、どうするか塾長含め、下長校、青葉校、根城校でさまざまな検討をしました。その結果、対応策として出たのが「オンライン勉強会」です。4月21日(火)から実際に運用することを決めたため、急ピッチの準備でした。まず、オンライン通信がうまくいくか各家庭にテストしました。塾からの宿題も準備し、やり方や報告のルールなども定めて通知しました。短い期間に、保護者の方もお忙しい中、ご協力いただけたことに大変感謝しています。オンラインをするにあたり、私も機器の操作に習熟しなければならなかったため、業務をしつつ慣れていきました。

オンライン授業を実際に行ってみて

今週から実際にオンライン授業をしています。平日の午前10時~11時と午後15時~16時です。初日は、はじめてほぼ全員の塾生をつないで行うのでとても心配でした。子どもたちも一度接続テストをしていたとはいえ、不安だったと思います。それでも、接続テストが済んでいる90%以上!の塾生が参加してくれました。最初は音の設定に苦労している子が多かったですが、午後の時間からはもうスムーズでした。若いだけあって機械の操作は得意なようですね。質問も画面上で受付しています。はじめは遠慮しているのかまだ質問は多くなかったですが、徐々にオンラインの環境に慣れてくると質問は少し増えました。遠慮せずどんどん質問してね、と継続して伝えていきます。勉強をやっている画面を見ると、とにかくものすごい集中力です。新鮮な勉強スタイルのためか緊張感を持てているのだと思います。きちんと解けているかはちょっと”?”ですが、決められた時間に机に向かって勉強することは親の安心感につながると思います。今のところ、おかしなことをしている塾生はゼロですし、やっていなさそうとこちらで判断した塾生には個別で画面をつないで確認します。進捗は基本メールで1日2回、「今日勉強すること」「今日やったこと」で報告をもらいますが、進捗が気になる人にも個別で画面をつなぎ、大丈夫そうかコミュニケーションをとっています。塾生自身、計画を立てて実行するので大変勉強がはかどっているのもとてもいいことですね。

今後の展望

今回の導入により、オンラインも有効なツールの1つであるとは思いました。しかし、 いつまでもオンライン勉強会のまま にするつもりはありません。あくまで、今回のオンラインは緊急事態宣言を受けた対応策の一環です。やはり根城の教室で塾生が集まって授業をするのが、塾生にとっても教える側にとっても一番効率的と思っています。オンラインをやってみて改めてそう思いました。状況が悪化しなければゴールデンウィーク明けからは、教室での授業を再開する予定でいます。オンラインやメール報告のやりとりで学んだ利点は、今後塾を運営してく上で活用していくかもしれません。ゴールデンウィーク終わってから、みなさんとまた元通り勉強できること期待しています。もし塾で通常どおり授業を行うことが決定したら、学校の進度がどのくらいのスピードになるかわかりませんが、軸としては以前の下記ブログのように進めていく予定です。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ