ホーム

>

ブログ

>

根城校

>

勉強の捉え方~将来に向けて~

勉強の捉え方~将来に向けて~

2020.03.28

根城校

春期講習~塾ワークをやりきる~

修了式・離任式が中止となった学校がほとんどですが、27日(金)から春休みとなりました。青森市では先週くらいに学校が再開していて、休校期間を春休み扱いにしていたようですが、八戸市では春休みも予定通りというところになります。春期講習では、塾ワークのマーキングページを進めさせています。期間が短いので、宿題もふだんより多めに出してやりきらせるようにしています。新年度から新しい教材で勉強していくためにも、がんばっていきましょう。

勉強の意義

よく塾生からは、「こんなこと(歴史や理科や国語の文法など)を勉強して将来役立つのか」と質問されることがあります。もちろん、テストや入試で良い点をとるために勉強は必要です。ただ、もっと長期的な目で見るとなると学んだ知識を実社会で役立てられる機会が少ないのは事実です。しかし、これから高校、大学、就職といろいろな進路を選択していくにあたり、みなさんは自身の興味や関心に沿って決めていくことが多いと思います。そのときに、勉強をしていてここの分野が面白かったなとかここがもっと気になるなという経験が自分の将来を設計していくことにある程度役立つと私は考えます。すなわち、実社会で役に立つ立たないではなく、自分の興味・関心を広げるために今は無意味と思えることでも勉強していくという捉え方をするのが前向きに取り組むためにも大事ではないかと思います。中学校までで習う5教科は、ほとんどの学問の基礎となります。楽しくない部分もあるでしょうが、ゆくゆくは自分のためになると考えてがんばっていきましょう。

ライン@始めました。無料体験学習、資料請求、お問い合わせなどお気軽にラインからどうぞ!!

LINE@友だち追加

ラジオ番組の内容はYouTubeからも確認できます。
チャンネルはこちらです。

関連記事

  • 月別アーカイブ